会社概要がしっかりしていても油断は禁物、実際に電話をかけて確認してみよう

クレジットカードの現金化の業者のホームページをチェックして優良業者かどうかを判断する時に、会社概要等を見て、それらの情報が確かな物かどうかを確認する事が良いのは当然の事です。
しかし、中には巧妙な手口を使って、いかにも優良業者になりすましている悪徳業者も存在しています。
それは電話に秘密があるのです。
電話にどんな秘密があるのでしょうか。

電話を実際にかけてみる

クレジットカードの現金化の業者のホームページをよく見て、会社概要もしっかりと明記されているし、番地や電話番号もある、となると、少しほっとしてしまうのが人間と言うものでしょう。
しかし、その安堵感に落とし穴があるのです。
所在地を隠して営業しているクレジットカードの現金化業者と言うのは、ホームページには様々な情報を載せていますが、実際に電話を掛けてみると電話が転送される事があります。
電話が転送されるような業者はアウトです。
何故かと言うと、ホームページ上の連絡先はレンタルオフィスの番号で、かかってきた電話を携帯電話等に転送させているからです。
信用度の面ではかなり下がる事でしょう。

転送電話と判断するにはどうしたらいいのでしょうか

転送電話は、通常の電話とは違う不自然な呼び出し音が鳴ったり、やたらと電話の声が遠く感じたり、こもっているように感じたりします。
最初の不自然な呼び出し音の時点で、大抵の場合は転送されている事が分かりますので、そう言った業者は避けるに越したことはありません。